カテゴリ: 伏線・考察

1: 2019/05/22(水) 13:47:25.78
主人公・ルフィたち一族にとって失われた歴史を取り戻すことこそが人類にとってのワンピース(ひとつなぎの財宝)
ラフテルに辿り着くこと自体が正史(空白の100年)の謎解明に繋がるからこそ、世界政府はラフテルに行こうとする海賊たちを取り締まる。
だからこそラフテルに辿り着いた海賊王・ロジャーが口封じとして処刑された。もし金銀財宝がラフテルに隠されてるのであれば、ロジャーはそのまま持ち帰ればいいだけ。
でも何故ロジャーはそうすることなく、「ラフテルを探してみろ」とあえて言い残したのか?
ラフテルには「世界の真実」がやはり隠されているからに他ならない。歴史とは決して独り占めできるものではなく、全人類が共有すべき財産。決して誰かから与えられるものではない。世界政府や五老星からしたら、ロジャーのこの言葉はつくづく震えたことでしょう。

まさに世界の常識がひっくり返る過去と歴史が「ラフテル」には隠されている
no title

続きを読む

103: 2019/05/19(日) 20:43:29.74
イムはシュガーと同様に年齢を取らない実を食べた
更にイムが食べた実はシュガーと同様に玩具に変えられたらその人物を忘れてしまう
ようは海王類に変える実を食べたのがイムであり、海王類に変えられたのは空白の100年の人々
なので空白の100年だと言われている、その頃に生きた人々を皆忘れているから
no title

続きを読む