カテゴリ: ニュース

1: 2019/04/17(水) 18:41:48.740
熊本県は17日、熊本市出身の人気漫画家、尾田栄一郎さんの代表作「ONE PIECE(ワンピース)」のキャラクター像8体を
熊本地震で被災した同県益城町や南阿蘇村、熊本市など8市町村に設置すると発表した。
費用は尾田さんが復興資金として県に寄付した8億円の一部を充て、今年度と来年度に4体ずつ制作する。

8体は主人公ルフィと共に冒険を続ける主要な登場人物の「麦わらの一味」の面々で「熊本に上陸した一味が被災地の窮状を知り、
被災者を救うため各地で復興を手助けして県庁前で再会する」というストーリー設定。
昨年11月には8体に先駆けてルフィの像(高さ174センチ)を県庁前に設置した。

尾田さんは地震後、復興資金の寄付にとどまらず、住家の6割が全半壊するなど甚大な被害を受けた益城町のふるさと納税の返礼品や、
被災した南阿蘇鉄道が復興を願って走らせるラッピング電車などにイラストを提供してきた。

県は地震で打撃を受けた観光の目玉としてルフィだけでなく麦わらの一味の8体も設置することを決め、市町村から希望を募った。
県には31市町村から設置の希望が寄せられ「誘致合戦」は熱を帯びた。

今年度に制作する4体の費用は1体約1000万円で、どのキャラクターにするかは19日に発表する。
像のデザインは尾田さんに監修を依頼する。【中里顕】

続きを読む

1: 2019/03/26(火) 09:20:19.67
しゃーない😓

https://natalie.mu/comic/news/325382
映画「ONE PIECE」ユースケ・サンタマリア、指原莉乃、山里亮太がゲスト出演

>本作で展開される海賊の、海賊による、海賊のための世界一の祭典・海賊万博の主催者であるブエナ・フェスタ役をユースケ・サンタマリアが担当。
>触れたものを幻影として出現させる力を持つビジョビジョの実の能力者・歌姫アン役に指原莉乃、陽気な解説で海賊万博を盛り上げる
>司会者のドナルド・モデラート役に山里亮太がキャスティングされた。
no title

続きを読む

1: 2019/03/21(木) 02:58:59.42
2019年03月20日06時00分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto/article/495599/

熊本地震の被災地に人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公ルフィの仲間8キャラクターの像を設置する計画を巡り、
県は19日、地震被害の大きい益城町や南阿蘇村などを設置場所とする配置案4案を示した。
県内31市町村が51の設置場所案を寄せていたが、10市町村に絞り込んだ。両町村と熊本市の計3市町村はいずれの案にも入り、
設置がほぼ確実な見通しとなった。

県によると、4案に入ったのは3市町村のほか、西原村▽阿蘇市▽大津町▽高森町▽御船町▽宇城市▽宇土市。
4案のうちA案は市町村の提案に沿い、B案は地震の記憶や教訓を伝える県の「震災ミュージアム構想」との連携を重視。
C、D案は県が8キャラの特徴が生かせるように、一部は市町村側に希望とは違うキャラや設置場所を“逆提案”するなどして決めた。
また、県は8キャラの像配置のタイトルを「麦わらの一味『ヒノ国』復興編」とし、
熊本こと「ヒノ国」に上陸した8キャラが被災地にエールを送る-とのストーリーも決めた。

県担当者は「訪日外国人客も訪れやすいように設置場所同士が移動しやすく、熊本空港からも近いことなどを重視した」と説明。
今後、4案から1案に絞った上で発行元の集英社とも協議し、4月中旬に設置場所を発表する。

ルフィの仲間像の配置案
https://www.nishinippon.co.jp/uploads/attachment/image/367230/84ff3475a1.jpg
no title

続きを読む

1: 2019/03/19(火) 10:49:57.81
楽しみ☺

no title

『ONE PIECE』を愛する芸能人が大集結!ワンピース アニメ20周年記念特別番組「ひとつなぎの大宴」が3/29(金)フジテレビで放送決定

ワンピース アニメ20周年記念特別番組 ひとつなぎの大宴

放送日時:
2019年3月29日(金) 26:25~27:25

放送局:
フジテレビ系列

出演者:
MC:指原莉乃、生田竜聖(フジテレビアナウンサー)
池田美優、上地雄輔、アンジャッシュ・児嶋一哉、アンガールズ・田中卓志、かまいたち・濱家隆一、かまいたち・山内健司
(敬称略 50音順)

続きを読む

1: 2019/02/12(火) 09:25:05.59
no title

https://www.google.co.jp/amp/s/s.animeanime.jp/article/2018/12/18/42166.amp.html

男女別にみると、男性では『ドラゴンボールZ』、女性では『ちびまる子ちゃん』がトップを獲得。
そして世代別の1位では、10代が『ワンピース』、20代が『クレヨンしんちゃん』、30代が『SLAM DUNK』、40代が『ドラゴンボールZ』、50代と60代が『ちびまる子ちゃん』となっており、世代差が明確に表れた。

「今見ても感動すると思うアニメ」(複数回答形式)
1位 ちびまる子ちゃん
2位 ワンピース
3位 ドラゴンボールZ
4位 名探偵コナン
5位 クレヨンしんちゃん
6位 SLAM DUNK
7位 新世紀エヴァンゲリオン
8位 ポケットモンスター
9位 進撃の巨人
10位 銀魂

続きを読む