カテゴリ:四皇 > ビックマム海賊団

436: 2018/04/18(水) 22:25:35.24
今回ビッグマムを倒せなかったらWCI編書いた意味って何だろう
ジェルマを書くためかな?ポーネグリフの写しの為?ジンベイを仲間にする為か?
それとも四皇の強さを書く為だろうか
もしかしたらWCI編自体が壮大な伏線
no title

続きを読む

47: 2018/04/19(木) 22:57:09.36
ベッジ
「毒を仕込まねえ馬鹿がどこにいる?四皇の一角を一人消せるチャンスだというのに」
サンジ
「黙れ!これはコックのプライドをかけた勝負だ。くだらねえ真似するな敵は味で打ち負かす!」
ベッジ
「夢見てるんじゃねーよ!いま消さなかったことを後で必ず後悔する羽目に…」

ベッジが正しかった説
no title

続きを読む

977: 2018/04/19(木) 22:13:39.81
マムはもうバラティエ狙わないんじゃねえの
バラティエはあくまでサンジがお茶会から逃げた時の人質であって、お茶会をルフィがぶち壊した今となってはマムの怒りはサンジじゃなくてルフィに行ってるだろ
てことは報復もバラティエじゃなくフーシャ村に行く
で、シャンクスかガープ(海軍)とぶつかってみて欲しい
no title

続きを読む

今回、この考察のキーワードは、ビッグマムは「子供のまま大人になってしまった」ということと、子供は親にそう扱われたようにしか自分の子供に接することが出来ない、という二点です。

 まず、ビッグマムは「子供のまま大人になってしまった」について。これはその言葉の通りで、ビッグマムの内面は、子供時代から成長が止まっています。

cece2385


幼少期に親から捨てられ(ビッグマム自身にその自覚があるかは分かりませんが、恐らく理解してないでしょう。)、羊の家で育てられたシャーロットリンリンですが、彼女にとって一番楽しかった時期は羊の家での生活の期間であり、その中でも、誕生日にクロカンブッシュ(と、羊の家の仲間たち)を夢中になって食べた瞬間は、リンリンにとっても最も輝かしい思い出となって残り続けます。

3901_6
続きを読む

このページのトップヘ